バイオマス事業

三和テクノが独自に開発した、特許技術の機械を製造・販売。

三和テクノは、液媒の力を利用したこれまでにない画期的な特許技術で、 バイオマス資源を効率的にプラスチック複合材料に変換するSANTEC-BIOを独自に開発。 高圧水蒸気により資源をミクロフィラー化することで、バイオマスのパーセンテージを高め、石油資源の依存から脱却。 耐久性・加工性・難燃性を備えながら、環境にやさしい高付加価値の材料を安定的に供給できます。

バイオマス資源を効率的に
プラスチック複合材料に変換

SANTEC-BIO 紹介ムービー

液媒の力で、バイオマス資源を効率的に プラスティック複合材料に変換するエコな技術

液媒の力を利用する事によって、バイオマス資源に高度な前処理を加える必要がありません。

高圧水蒸気によって、資源をミクロフィラー化し均一に分散できます。
※材料により前処理が必要になる場合があります。

二軸押出機によるリアクティブプロセッシング(連続式の反応押出)、またはバッチ式も可能です。

機能性の高いプラスチック(複合材料)の製造が可能になりました。

SANTEC-BIOプラの特徴

環境にやさしく、
二酸化炭素排出削減になります。
バイオマスを利活用する事で、石油資源依存からの脱却:カーボンニュートラルによる CO2削減に貢献し、地球温暖化の防止へと繋げていきます。
安定供給・低コスト化が可能
石油相場に影響される事のないバイオマスを活用する事で、 石油系樹脂と同等か、より安価なプラスチック原料を安定的に供給できます。
企業イメージのUP
今まで廃棄していたモノを再生し、さらに高付加価値を付けることができます。
廃棄物の減少と再生によるエコが、企業のイメージアップに繋がります。

[原料] 米70% PP/PE 30%
成形性に優れており、射出・押出・インフレなど各種製品化が可能です。レジ袋やクリアファイルなどの薄いフィルム成形などにも適しています。

[原料] 灰80% PP/PE 20%
廃棄されるような原料で環境に優しい製品ができます。優れた加工性を持ち、多様な製品に対応します。

[原料] 木粉70% PP/PE 30%
木の性質を持ちながら、プラスチックと同じ加工性を持つ素材です。木の剛性と温かみのある質感があり、耐熱性:寸法安定性に優れています。(PP/PE/ABS/他 混練)

[原料] 貝殻70% PP/PE 30%
廃棄されるような原料で環境に優しい製品ができます。優れた加工性を持ち、多様な製品に対応します。自然のぬくもりを生かした製品に対応します。※もみ殻、わら、食品加工残渣、などもプラスチック化が可能です。

他にも、いろいろな材料に対応できますので、お気軽に、ご相談下さい

バイオマスプラスチック
製品事例

ゴミ袋・レジ袋・クリアファイル

◎ゴミ袋・レジ袋
  • ・米率35%~なので環境にやさしい。
  • ・生分解タイプとリサイクルタイプがあります。
  • ・印刷も可能です。
  • ・古古米(賞味期限切れ)を使用しています。産地認証をつけることも可能です。
  • ・優しい風合いです。
◎クリアファイル
  • ・米率35%~なので環境にやさしい。
  • ・生分解タイプとリサイクルタイプがあります。
  • ・印刷も可能です。
  • ・古古米(賞味期限切れ)を使用しています。産地認証をつけることも可能です。
  • ・優しい風合いです。

押出成型品

  • ◎サンプルはコメ製品です。50%以上の為、プラスチック製品ではありません。
  • ◎木質での押出品も可能です。木の質感でありながら、プラスチックの性質を持つ製品は加工性:耐久性に優れており、デッキ材やベンチなど建材用途にも適しています。
  • ◎原料の産地認証をつけることも可能です。

射出成形・真空成形

  • ◎木率50%~ コメ率50%~
  • ◎分類は、木製品・コメ製品です。プラスチック製品ではありません。
  • ◎原料の産地認証をつけることも可能です。
  • ◎シート成形、真空成形にて弁当容器の成形も可能です。

木粉製品

  • ◎熱硬化性のノボラック樹脂タイプもあります。(写真下)
  • ◎バイオマスプラスチックは静電気が起こりにくいという特徴があります。
  • ◎漆器仕上げ。(写真は山中漆器)
  • ◎原料の産地認証をつけることも可能です。