株式会社三和商会|空調設備|バイオマス|プラント|給排水設備|産業機械|福井県|三国町|

qrcode.png
http://f-sanwa.jp/
モバイルサイトにアクセス!
株式会社 三和商会
〒913-0021
福井県坂井市三国町楽円2-14-1
TEL.0776-82-6479
FAX.0776-82-5740
038536
 

株式会社三和商会_バイオマス部門

 

バイオマスプラスチック製造設備

バイオマスプラスチック製造設備
 
 

バイオマスとは?

バイオマスとは?
 
バイオマスとは、生物資源(bio)の量(mass)を表す概念で、一般的には「再生可能な、生物由来の有機性資源で化石資源を除いたもの」をバイオマスと呼びます。バイオマスの種類には1.廃棄物系バイオマス、2.未利用バイオマス、そして3.資源作物(エネルギーや製品の製造を目的に栽培される植物)があります。廃棄物系バイオマスは、廃棄される紙、家畜排せつ物、食品廃棄物、建設発生木材、製材工場残材、下水汚泥等があげられ、未利用バイオマスとしては、稲わら・麦わら・もみ殻等が、資源作物としては、さとうきびやトウモロコシなどがあげられます。これらをリサイクルし環境に優しい製品原材料を生み出すのが、バイオマスプラスッチク設備です。
 

バイオマスプラスチック原料

バイオマスプラスチック原料
 
原料 米 70% PP/PE 30%
成形性に優れており、射出・押出・インフレなど各種製品化が可能です。レジ袋やクリアファイルなどの薄いフィルム成形などにも適しています。
 
原料 灰 80% PP/PE 20%

廃棄されるような原料で環境に優しい製品ができます。優れた加工性を持ち、多様な製品に対応します。

 
原料 木粉 70% PP/PE 30%
木の性質を持ちながら、プラスチックと同じ加工性を持つ素材です。木の剛性と温かみのある質感があり、耐熱性:寸法安定性に優れています。(PP/PE/ABS/他 混練)
 
原料 貝殻 70% PP/PE 30%
廃棄されるような原料で環境に優しい製品ができます。優れた加工性を持ち、多様な製品に対応します。自然のぬくもりを生かした製品に対応します。
 
※もみ殻、わら、食品加工残渣、などもプラスチック化が可能です。
 

バイオマスプラスチック特長

バイオマスプラスチック特長
 
石油系樹脂と同等か安価に製造でき、生分解性樹脂よりも低価格
 
生分解性樹脂や、植物系樹脂が解決出来ていない、耐久性・加工性・耐熱性を石油系樹脂と同等以上で実現
 
石油相場に影響される石油系樹脂とは違い、バイオマス資源を活用するので、低コストで安定した供給ができます。
   
■主原料をバイオマス50%以上にする事で、容器包装リサイクル法の対象とならず、再生コストの負担がなくなります。また、食品衛生法上でもバイオマス率50%以上の場合 木や紙と同様の扱いとなります。
■既存の金型・成形機を利用しての商品化が可能なため、その為の設備コストは必要ありません。
   
 

バイオマスプラスチック製造方法

バイオマスプラスチック製造方法
 
■バイオマス資源と、オレフィン系樹脂を複合化し、安価で 高性能なバイオマスプラスチックを製造することが可能です。
■バイオマス資源には木質:もみ殻:お米:わら等が利用でき、また 産業廃棄しているものも利用することもできます。
<<株式会社 三和商会>> 〒913-0021 福井県坂井市三国町楽円2-14-1 TEL:0776-82-6479 FAX:0776-82-5740